TOP PAGEに戻る
佐賀土地改良区とは?
今日の北山ダム
北山ダムの紹介
お知らせ
リンク集

佐賀土地改良区
トップページ >> 今日の北山ダム >> 北山ダムの各施設紹介

北山ダム各施設の紹介

北山ダム管理事務所
管理事務所には職員が24時間体制で通常・非常時に備えて管理を行っており、どんな事態にも対応できるよう体制がとられています。
戻る

観測室(管理事務所内)
ここで周辺の降雨の状況やダムの水位など、さまざまなデータがわかり、それを基にダムの運用を決定しています。
戻る

余水及び取水塔
(余水吐)
洪水時にダムの水位を調節する為のゲートで、巾11.0m高さ7.6mのゲートが2門あります。

(取水塔)
農業用水を流す為のゲートで、標高342m〜374.30mまでの間に7門あります。佐賀平野の用水が不足したときにダムの水位に合わせ開扉し取水する施設です。
戻る

監査廊
ダムの堰堤内部の点検をするためのもので、全長約230mの通路になっています。またここでは定期的に漏水量などの調査を行っています。
戻る

九州電力 小関発電所取水口
北山ダムの堰堤左岸側に位置する九州電力の水力発電所です。ここでは最大約10m³/sの水を使って発電しますが、この水はまた嘉瀬川に戻り川上頭首工にて取水されます。
戻る