TOP PAGEに戻る
佐賀土地改良区とは?
今日の北山ダム
北山ダムの紹介
お知らせ
リンク集

佐賀土地改良区
トップページ >> 佐賀土地改良区とは?_佐賀土地改良区ご案内

佐賀土地改良区ご案内 ご案内 アクセス

21土地改良区創造運動

農業用水路などは、いこいの場としても利用されていますが、このような役割を広くPRし、守っていこうとする運動です。
21土地改良区創造運動
 佐賀土地改良区は、北山(ほくざん)ダム川上頭首工(かわかみとうしゅこう)幹線水路(かんせんすいろ)約90kmを管理し、佐賀平野10,000haの農地に用水を送水しています。
 このダムや水路は、農業用として使われるばかりでなく、水と親しめるいこいの場や、お祭りやイベントの場、くらしに役立つ用水、自然環境を守るなどの役割をはたしています。
PDFファイルのダウンロード



佐賀土地改良区とは?
 私たち佐賀土地改良区は、佐賀市・小城市の2市の水田(受益地)約10,000ha、組合員約9,000人で成り立っており一級河川嘉瀬川の水を利用して国や県の事業により造成された北山ダム(富士町)、川上頭首工(大和町)、水路の施設を維持管理し、「水」の運用管理という地域農業の活性化の役割に務めています。
土地改良区の仕事

佐賀土地改良区

画像をクイックするとダウンロードできます。



佐賀土地改良区の100年の歴史
(見たい画像をクイックするとダウンロードできます。)
(100年間の主な出来事)
(写真で見る100年の歴史)

イラスト 今、佐賀土地改良区では大切に守られてきた「水と土」・「歴史と文化」を地域の大きな資源として町に住む人々と土地改良区が力を合わせて地域用水の増進と多面的機能の推進活動を図っております。
歩み行く ゆとりの生活 水と共に

ページ上部へ